Feature

【FOR FISHING vol.2】屋久島~トカラ遠征!時化の船釣りのお供に、あってよかったDANGのサングラス

はじめまして!DANGラバーな釣り人たにゆり(@taniyuri314)です!

先日屋久島~トカラ列島へ釣り遠征に行ってきました!

釣り人にとっては、一度は行きたい夢の海域…。大型のカンパチやマハタ、クエやスジアラなどの超高級魚に、未だかつて見たこともないような魚種の数々…。

しかし当日は梅雨明けで急激に水温が上がったことで、潮波が発生し、船上はさながらスプラッシュ・マウンテン状態。そんな状況の中、「DANGのサングラスがあって良かったと思えたエピソード」と共に釣行の一部始終を紹介したいと思います!

 

顔面にブチあたってくる水しぶき

先述のとおり、移動中はほぼスプラッシュ・マウンテン状態な船中。

頭の先からつま先まで容赦なく降りかかる水しぶきで、終始全身びしょびしょでした!

 

サングラスをかけてない組は、このとおり目に海水が直撃して四苦八苦。

タオル巻いたり、帽子でガードしたり大変そうでしたが、私はサングラスのお陰でなんとか目への直撃を免れ、ずぶ濡れながらも多少は快適に過ごせました!

 

仮眠中の半目

スプラッシュ・マウンテン状態の中でも、移動中は仮眠ができる大チャンス!

少しでも体力を回復するために、隙きあらば寝たいのが本心!

そこで私は移動中眠りこけていたのですが、どうやら半目で寝ていたようで、他のみんなにドン引きされてしまいました…。

何を隠そうこのときは、プレミアムレンズのライトブラックカラーのLOCOサングラスをかけていたので、目が透けて見えてしまっていたのです…。

私も一応女子(年齢非公開)なので、慌ててATZのミラーレンズに付け替え、このピンチも無事に乗り越えることができました!

ミラーレンズなら、白目を剥いても大丈夫だし、こっそり人間観察しててもバレない!持っててよかったと、心から思いました。

 

ちゃんと釣りもしました

ここまで、移動中の話ばかりで釣りの話ができておりませんでしが、ちゃんと釣りもしています…!

沖合は雲も晴れ、かなり眩しいし、暑い…。紫外線レベルも本島とは比べ物にならないくらい強かったかと思います。

水面もギラギラ…。青くてきれいだけど裸眼ではとても見てられません。ほんとにあって良かったDANGのサングラス!!

ちなみに釣果はというと、ご覧の通り…。

 

 

梅雨明けで急激に水温が上がったことでかなり渋い釣行となりました!

 

おまけ

海水で汚したサングラスは、しっかり水洗いして、キッチンペーパーなどで水気を取り陰干ししましょう!

ゴシゴシ拭くのはレンズを傷付ける原因になるのでNGです!

 

商品情報

 

ATZ Wood Matte x Green Mirror Polarized(偏光レンズ) [vidg00425]

可視光線透過率:15%

5,500円(税込)

 LOCO Black soft x Light black PREMIUM LENS

半永久くもり止め加工/偏光度99%/ブルーライトカット/ハードコート付き

可視光線透過率:約34%

 5,940円(税込)

 

筆者

名前:たにゆり

ウェブクリエイター / 釣人

INSTA:@taniyuri314